さくらさくみらいの保育

さくらさくみらいの保育

  • 子どもたちの成長が花ひらく よろこびやうれしさをともに 子どもたちの成長が花ひらく よろこびやうれしさをともに

    桜は、苗木から大事に育てると数年で花が咲くと言われています。
    私たちは「さくらの樹→子ども一人ひとり」、「さくらの花→笑顔」と捉え、子どもたちの元気いっぱいの笑顔を咲かせられるように、サポートしていきたいと考えています。

    桜が大きく育つまでには、土の栄養や水分、空気、太陽など、様々なものが必要ですが、肥料のやり過ぎはかえって成長を妨げてしまいます。肥料を必要としている時期に、しっかりと与え効かせるのが重要です。

    桜は、苗木から大事に育てると数年で花が咲くと言われています。
    私たちは「さくらの樹→子ども一人ひとり」、「さくらの花→笑顔」と捉え、子どもたちの元気いっぱいの笑顔を咲かせられるように、サポートしていきたいと考えています。

    桜が大きく育つまでには、土の栄養や水分、空気、太陽など、様々なものが必要ですが、肥料のやり過ぎはかえって成長を妨げてしまいます。肥料を必要としている時期に、しっかりと与え効かせるのが重要です。

    子どもたちにも全く同じことが言えるのではないでしょうか。必要以上にサポートをすることで健やかな成長を妨げてしまう可能性があります。また、桜の樹の形がそれぞれ違うように、子どもの個性・資質もそれぞれ違います。

    私たちが適切な時期に適切なサポートを行うことで、子どもたちの成長する土台を形成し(丈夫な根っこを伸ばし)、色々な個性・資質(枝)を伸ばしながら、自立を促す(太く、大きな樹に成長する)ことができるはずです。子どもたち一人ひとりのより良い成長と桜(子どもたちの笑顔)が花開いた時の喜びをみんなと一緒に分かち合いましょう!

    子どもたちにも全く同じことが言えるのではないでしょうか。必要以上にサポートをすることで健やかな成長を妨げてしまう可能性があります。また、桜の樹の形がそれぞれ違うように、子どもの個性・資質もそれぞれ違います。

    私たちが適切な時期に適切なサポートを行うことで、子どもたちの成長する土台を形成し(丈夫な根っこを伸ばし)、色々な個性・資質(枝)を伸ばしながら、自立を促す(太く、大きな樹に成長する)ことができるはずです。子どもたち一人ひとりのより良い成長と桜(子どもたちの笑顔)が花開いた時の喜びをみんなと一緒に分かち合いましょう!

  • さくらさくみらいの保育理念 さくらさくみらいの保育理念

    子ども・保護者・職員の
    笑顔あふれるあたたかい
    「おうちのようなほいくえん」

  • さくらさくみらいの保育方針 さくらさくみらいの保育方針

    愛情をたっぷりと注ぎ
    あわてず個性を伸ばす

ロゴへの想い

当社が10年目の節目を迎えたことと、保育指針の改定もあり、創業以降大切にしてきたこと、これから先、大切にしていきたいことを全職員同じ想いを持ち続けことができるように『たいせつなこと』『みんなの保育指針』を作成しました。

『たいせつなこと』には「愛情の貯金」「子どもが主体」「遊び心を大切に」等、全部で8つのポイントに分け、保育に関わる際に大切にしてほしいことを掲載しています。

『みんなの保育指針』は、さくらさくみらいの保育のノウハウを詰め込んだ一冊となっています。

また、携わった園長先生と本部スタッフによる巡回を行っています。

当社が10年目の節目を迎えたことと、保育指針の改定もあり、創業以降大切にしてきたこと、これから先、大切にしていきたいことを全職員同じ想いを持ち続けことができるように『たいせつなこと』『みんなの保育指針』を作成しました。

『たいせつなこと』には「愛情の貯金」「子どもが主体」「遊び心を大切に」等、全部で8つのポイントに分け、保育に関わる際に大切にしてほしいことを掲載しております。

『みんなの保育指針』は、さくらさくみらいの保育のノウハウを詰め込んだ一冊となっています。

また、携わった園長先生と本部スタッフによる巡回を行っています。

ロゴへの想い

Children Learn in Play(子どもたちが遊びの中で学ぶ)の頭文字をとってCLiP。
子どもたちの非認知能力と認知能力の相互の繋がりを重視しながら学ぶ当社独自の乳幼児教育プログラムです。机に向かい、計算や読み書きを習う「学習」とは異なり、遊びを通して体験しながら「ことば・もじ」「かず・かたち」等の学びの基礎に触れていきます。
また、楽しみながら体を動かす「うんどう」あそびでは、遊びを通して体幹や身体能力を伸ばしていきます。

さくらさくみらい さくらさくみらい

日々の保育活動の中にある「かず・かたち」への興味や関心を大切に育みます。例えば、栽培の場面では、数や量、比較・測定など様々な分野を総合的に経験できる機会になります。

さくらさくみらい さくらさくみらい

絵本の読み聞かせがきっかけで、手紙のやりとりに興味をもったことから始まった「郵便屋さんごっこ」のように、遊びの中で育まれる表現や文字・語彙を獲得する機会を大切にします。

さくらさくみらい さくらさくみらい さくらさくみらい

子どもたちが無理なく楽しみながら、自然とお腹や腕、脚の力等を鍛え、体のバランスを保つことにより運動機能を育みます。普段の保育に取り入れられるものがたくさんあり、保育の幅も広がります。

24卒保育士は
コチラ